091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

date :2015年10月

見学研修

 墨会館からさほど遠くない場所に、もうひとつの丹下作品である旧艶金興業羽島工場とコルビュジュエの元で学んだ坂倉準三設計の羽島市庁舎があります。墨会館ガイドボランティアとしては墨会館と共に紹介したい建物でもあり、漸く見学をすることができました。
 旧艶金興業羽島工場は、1964年の東京オリンピック直前に竣工した、プレキャストコンクリート造の工場倉庫です。竣工時は戦艦大和と同じ長さであったといいます。端正な表情と大胆な片持ちの庇が潔く、いつ見ても写真うつりのいい建物です。近年は傷みが激しく使い続けることに苦慮しているとのことです。
岐阜工場_convert_20160210183549

 羽島市庁舎は1959年の建物で、墨会館の2年後に竣工しています。杉化粧型枠の打ち放しコンクリート、柱・梁構造、壁から突き出た雨樋など、墨会館に共通する意匠が見られます。大胆に跳ね出した庇やスロ-プや反り返った屋根の形状などの溌剌とした表情は、当時の日本の勢いがそうさせたのでしょうか。坂倉準三の生家である地元羽島の醸造元は市庁舎からも近くにあり、市庁舎の見学の後に買い物に訪れる方も少なくないようです。
日  時:2015.10.14(水)9:00~12:30
見学先:旧艶金興業岐阜工場 (1964年) 設計:丹下健三
     羽島市庁舎 (1959年) 設計:坂倉準三 
羽島市役所_convert_20160210183322



スポンサーサイト

プロフィール

sumikaikan_staff

Author:sumikaikan_staff
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム